マットレス『東京西川 AIR(エアー) SI』を使ってみた感想

Pocket

昨年の冬、フローリングの上に布団を敷きっぱなし(万年床)にしていたら、布団の裏側がカビてしまいました。

またこれを機に、腰の痛みを改善する何かいい布団はないものかと探し、AIR SIを購入しました。

TOP

 

どうなの?機能は?

体圧を分散させる機能は素晴らしいものがあります。心地よい沈み込みと反発があり、まるで高級ベットの様な感覚です。

このおかげで、夜はスーッと眠りに入り、朝バッ!と起きれるようになりました。また、腰痛とサヨナラすることが出来ました。

また、湿気が気になるときは、AIRを立てかけておくだけで十分です。結構な厚みがあるので、壁に立てかけることができます。

Regular(赤)とHard(青)どっちを選んだらいいの?

実際、お店に行って試されることをお勧めします。店の人いわく、『青は赤に比べて若干硬い。』らしいです。

個人的には、Regular(赤)は、マットレス全体が柔らかいため体の沈み込みが深く、Hard(青)は体の沈み込みが浅く点の反発を若干感じる。というのが私の印象です。。

ちなみに筋肉質(自称)な私は、Hard(青)を選びました。

東京西川のHPの下の方に、身長と体重を選択するとオススメが分かる表がありますので、参考にするといいかもしれません。http://www.airsleep.jp/lineup/si.html

※この感覚は個人差があると思うので、実際にお店で確認してみて下さい。

AIR_BMI

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA