東京西川のフレッシュウェーブ -6ヶ月使った感想(嫁が)

Pocket

浅田真央ちゃんのCMでお馴染みのマットレス『airweave(エアウィーヴ)』

ではなくて、工場直売 ふとんタナカと京都西川のコラボ商品の『フレッシュウェーブ』を購入しました。(嫁が…)

freshwave-001

購入を決めたきっかけ

 私には、上の子が7歳(小学校1年生)、下の子が3歳(来年年少)の2人の子供がいます。

 お子様が小さい家庭にはよくあることだと思いますが、下の子がまだオネショして布団をよごす事が度々あります。

オムツはいているにもかかわらずオネショしちゃったり、オムツはいて寝たにも関わらず、起きたらオムツ無しで、オネショしちゃったりと・・・

おむつトレーニング以前の段階でこのような水難事故が度々起こります。

なので、これから先のことも考え、水難事故が起きてもリカバリーが簡単な布団が欲しいと思い購入を決めました。

特徴① 水洗いができる!

 布団を洗うなんて…と思う方もいるかもしれませんが、高分子系の素材なので水に強いです。

おねしょなどの汚れはシャワーなどの水洗いで落とせます。その後、直射日光を避けて、影干しで乾燥させます。

freshwave-002

特徴② 季節によって両面使い分けができる

 夏は肌触りがドライなメッシュの面で爽やかに、冬はしっかりフィットする蓄熱シートがあるニット面で暖かく、季節に応じて使用する面を選ぶことができます。

個人的にはメッシュ面の方がクッションの反発力が高いと感じました。夏はメッシュ面、それ以外の季節はニット面がいいと思います。

freshwave-003

特徴③ 部位ごとに反発力が違う素材を使用し、寝姿勢をサポート

 3つの部位ごとに反発力が若干違うので、体の沈み込みをコントロールすることが出来ます。

freshwave-103

特徴④ 収納性

折り目に合わせて簡単に3つに折りたためて、重量も軽いので、ふとんの上げ下げが楽です。

商品ラインナップとオススメ

 敷きふとんタイプはダブル、セミダブル、シングルの3種類です。他にレイヤータイプ(ベットのマットレスに敷くタイプ)もあります。

小さいお子様のいるご家庭だとダブルがオススメだと思います。(狭そうですが、Maxで3人寝ている時もあります。)

HPはこちら⇒ タナカふとん(じぶんまくら 楽天市場店)

敷きふとんタイプ ダブル

 

敷きふとんタイプ セミダブル

 

敷きふとんタイプ シングル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA