LG製42.5インチの大画面IPS 4Kモニター『43UD79-B』を使ってみた感想!

Pocket

スペック

モニターサイズ: 42.5インチ

モニタータイプ: ワイド

アスペクト比: 16:9

表面処理: ノングレア(非光沢)

解像度: 4K(3840×2160)

入力端子: HDMI x4、USB Type-C x1、 DisplayPort x1

 

購入を決めたきっかけ

画面がのサイズや解像度が大きいモニターって巷に溢れていますよね?

私も今までは、Acerの27インチのモニターを下の写真のように2台並べていたんです。

でもですよ。。。モニターって3台欲しい時ってありませんか?

〇ワードとエクセルとCADを同時展開したいとき・・・とか、

〇通常のPC環境と仮想PC(XP環境)を同時に表示したいとき・・・とか

〇プログラムを書くのに、縦長の画面が欲しいとき・・・

〇ネットで色んなサイトの価格を比較したいとき・・・

でも、ただ単に大きいモニター買っただけじゃ、この不満は満足できないよなーって、

ずっと我慢してました・・・そして、遂にLGから出てきました。

入力端子の数に応じてマルチモニタ化ができて、さらに入力端子が一つの場合でも同じくマルチモニタができる。

いいとこどりが出来るこの42.5インチの4Kモニター『43UD79-B』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LG 43UD79-B 42.5インチIPS 4Kモニター PBP/PIP機能対応
価格:71764円(税込、送料無料) (2017/10/15時点)

 

使ってみた感想

 最初は、43インチ…でかい!…俺やっちまったか?と思いましたが、大は小を兼ねるもので、

一度に表示できるウィンドウも増え、一度に広範囲を表示することもできます。

そして、OnScreenControlを使えば、画面を3分割、4分割してウィンドウの管理ができます。

画面を複数表示する頻度が高い人には、このモニターは最適だと思います。

これは、買って良かったの一言に尽きます。私の中の久しぶりのヒット商品でした。

 

※私の一番のヒット商品は岡村製作所の電動昇降机のSwift(上の写真の机)です。

よろしければこちらの記事もどうぞ⇒クリック

 

付属品

〇アプリ OnScreenControl

接続ケーブルが1つの時に大活躍するのが、このアプリです。

私は、Windows10を使ってますが、複数ウインドウの管理って難しいですよね。

2分割なら、Windowsボタン+←→(または、ウィンドウをクリックして画面の端へスライド)だけで分割できますが、

3分割、4分割となると、そこからウィンドウのサイズを調整してと…

さらに手間がかかってしまうので、悩みの種でした。

それが、このアプリを使えば、3分割、4分割の調整はアプリ側でやってくれるので、非常に楽です。

 

〇背面スピーカー(10W+10W)

普通のTVと変わらない音質とボリュームが出るので、案外ビックリ。。。

音質に全くこだわりのない私にとっては、もう十二分の性能でした。

今までは、外付けの安いスピーカーを使っていたので、モニターと一つにまとめることが出来て満足です。

(今も、AbemaTVのMTVをつけて、音楽を聴きながらタイピングしてます…)

 

〇リモコン

・モニターのスピーカーのボリューム変更、ミュート

・モニターの明るさの変更

・入力先の変更

・画面の分割表示  (※注

※)注

この場合の画面の分割表示は、接続ケーブルが2つ以上の時に有効です。

接続ケーブルが1つの時は、付属のアプリ(OnScreenControl)で、PC側で画面を分割する必要があります。

 

PCスペック

一度もブラックアウトや、その他の不具合は生じていません。

(ファームウエアのアップデートは、こちら ⇒メーカーHPへのリンク

システム:Windows10 Pro 64 bit

CPU:i7-6700k

本体メモリ:8G

グラボ:GeForce GTX970 (msi製)

グラボメモリ:4G

接続:DisplayPort ×1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA