トラックボールマウス M570(Logicool)を使ってみた感想

Pocket

PCの仕事って、文字をタイピングすることが多い方と、マウスを操作する事が多い方に分かれると思います。

私の場合、CADの仕事が集中すると後者のウエイトが大きくなるので、

肩甲骨の下側に慢性的な痛みだったり、コリだったりが生じました。皆さんもそんな経験ありませんか?

色々と試行錯誤した結果、このマウスにたどり着きました。

 

 

使ってみた感想

トラックボールのマウスは、普通のマウスと違い右手の親指でカーソルを移動します。

マウスを移動しないので、手首や肩にかかる負担が少なく、マウスを置くスペースも最小限ですみます。

トラックボールの操作性は慣れてしまえば、親指でのスマートな操作でカーソルが移動するので、超快適です。

特にウィンドウを閉じるボタンを押すときのように、画面の端にカーソルを移動させたいときの操作性は秀逸です。

トラックボールをスーッと斜め方向に回転させるだけで、一瞬で画面の角までカーソルを移動する事ができます。

私は家用と会社用で2個購入しました。

ただ、大事なことを一つ言わせてください。

何年、何十年と、、、無意識にやってきたマウスのカーソル移動を、親指のみで行うことになります。

最初は違和感がハンパないです。私の場合慣れるまで2週間かかりました。

ですが!一度慣れてしまえば、このマウスを手放せなくなると思います。

 

また、このM570Tには、Unifyingレシーバーが付属しており、

それに対応したキーボードを購入するとレシーバーを兼用する事が出来ます。

※ オススメのキーボードはこちらの記事を参照ください。(クリック)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA