ノーパンクタイヤTaNNUS(Aither1.1)を使ってみた感想

Pocket

■ノーパンクタイヤの購入のきっかけ

私は、片道約7kmの通勤にクロスバイクを使っています。

(運動不足は体に悪いし、2台目の車を買うと経費がかかるという理由からですが。。。それはさておき・・・)

会社が工業団地の中にあるので、金属加工の工場が通勤路にあり、運が悪いと1週間で2回パンクするなど、通常考えられないペースでパンクしてました。

最初は自分でパンク修理などしたりしましたが、手は真っ黒になるし、出先だと修理は面倒だし。

ということで、ノーパンクタイヤのTaNNUSに換装する事にしました。HPはこちら⇒

自転車本体のスペック:クロスバイク:PRECISION(自転車のアサヒで…4万円位?) タイヤ:28C

imag0116

■大変だったこと…

意気揚々と個人の自転車屋さんに見てもらったところ、タイヤは28Cだったのですが、リム(タイヤをはめる金属の部分)が32C対応でした。

『量産品のクロスバイクなので仕方ないですね。このまま、タンナスに換装する場合は32Cのものしかはまらないです!』 と、言われました。

リム交換無しで現状より太いタンナス(32C)にすると工賃込みで2万円程、リムを交換して細いタンナス(23C)にすると工賃込みで4万円程とのこと…

その場で悩むこと20分程…(忙しい中相談に乗っていただき、店主にご迷惑おかけしました。)

やはり、パンク修理にかける時間が持ったないということで、リムも交換して細いタンナス(23C)に換装してもらうことにしました。

 

こちらのお店で交換してもらいました。⇒ Cyclist Buddy ABC

浜松以外の店舗検索はこちら⇒

imag0115

最新型 Aither1.1 TaNNUS SLICK(黄色) 23Cをはいてみた感想

クッション性は大満足です。空気タイヤをはいていた時よりも快適になりました。

他で言われているような硬さというものは全くありませんでした。

ただ、最初乗り始めたばかりの頃は、地面にへばりつくような感じがして、低速域での負荷が少し高いかなという感じでした。

しかし、3週間ほど使用した今ではグリップ力はいい感じに落ち着き、へばりつく感じはなくなりました。

 

毎日の空気入れの煩わしさや、パンクからの解放、それを考えると非常に買って良かったなと思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA